ファン注目!PICK UPレーサー3

出場選手のうち、ファン投票で選出された上位3名の選手を、近況成績とともにピックアップレポートで紹介。ボートレースファンが今注目している選手はこの3名だ!!

全国直近:集計期間【2019年2月1日~7月31日】
尼崎通算:集計期間【2019年7月31日まで】

村上奈穂選手

 2014年11月デビュー。3年目に入ってから、進入で積極的に枠番を主張するようになった。
 しかし、慣れないコースからのレースで、期3本のフライングをしてしまう。せっかく上がったB1級から、事故率オーバーでB2級に降格した。次の期も出走回数不足でB2級だったが、長期欠場の間に色彩人間学を学んだ。これがメンタル面強化に役に立った。
 今年に入り、1月宮島の男女混合戦で初の準優進出を果たした。優出こそならなかったが、シリーズを通じて6着大敗はなし。最終日の選抜戦は男子5名を相手に2着に食い込んだ。その後も3月の住之江混合戦、福岡「ほぼオール女子戦」、蒲郡のヴィーナスシリーズで準優出、7月には下関、宮島のヴィーナスシリーズで連続準優出を決めた。
 スロー域から的確なスタートと、まくるか差すかのメリハリのある走りが好成績につながっている。初優出へ向けて着実に力をつけている。

勝率 2連率 出走数 優出 優勝
全国直近 4.67 27.1% 144 0 0
尼崎通算 2.33 0% 6 0 0
全国直近
3節成績
2019/7 [芦屋]一般 645264
2019/7 [宮島]ヴィーナス 54233131333
2019/7 [下関]ヴィーナス 25256133421

平山智加選手

 第1子は男子、第2子は女子。2度目の産休から実戦復帰したのは今年5月、地元丸亀の男女混合戦だった。復帰前には福田雅一と丸亀の水面で練習する姿も見られた。復帰戦の成績は4614323。日を追っていくにしたがって実戦に必要なレース勘が戻ってきたようだ。
 最初の産休では、復帰2戦目の下関G3オールレディースで優勝した。今回は若松のヴィーナスシリーズが復帰第2戦目で優出4着。7月宮島のヴィーナスシリーズで復帰後初Vを飾った。10戦5勝、オール3連対という圧勝劇だった。
 最近の平山は、1号艇でインを取ったときは勝ちにこだわっている。1コースの平均スタートタイミングがコンマ14と早い。2コースから外になると2、3着獲り。2コースの3連率は87%、3、4コースだと70%を超える。

勝率 2連率 出走数 優出 優勝
全国直近 6.92 57.1% 49 3 1
尼崎通算 6.53 33.6% 107 4 1
全国直近
3節成績
2019/7 [宮島]ヴィーナス 2213112211
2019/7 [下関]ヴィーナス 142246226336
2019/6 [徳山]W優勝戦 115153125

遠藤エミ選手

 SGに遠藤の名前がないのが珍しい。2017年はオールスターからダービーまでSG皆勤だった。2018年はクラシック、オールスター、オーシャンカップに出場した。ただ、成績の方は振るわずすべて予選落ち。勝ち星も2018年浜名湖SGクラシックの1勝のみだ。
 しかし、今年の遠藤は違う。3月戸田SGクラシックで初日1着からスタートし、2日目前半は3コースからまくって2勝目を挙げた。準優は出場レースの変更で4着に終わったが、最終日の選抜A戦がすごかった。前日に同支部の先輩・馬場貴也が5コースからまくり差しを決めたときと全く同じ走りで、桐生、山崎、平尾を沈めた。
 SGで身につけたスピードは、女子戦になると別格の強さになる。ベテランの女子が加わった7月福岡の特別ヴィーナスシリーズで、インからトップスタートを決めて優勝した。相手が女子なら、主役の座は譲れない。

勝率 2連率 出走数 優出 優勝
全国直近 6.89 49.6% 133 4 1
尼崎通算 5.89 38.2% 131 4 1
全国直近
3節成績
2019/7 [浜名湖]G2 421366454
2019/7 [常滑]SG 241546652
2019/6 [福岡]ヴィーナス 15113211111
UP