ファン注目!PICK UPレーサー3

出場選手のうち、ファン投票で選出された上位3名の選手を、近況成績とともにピックアップレポートで紹介。ボートレースファンが今注目している選手はこの3名だ!!

全国直近:集計期間【2019年7月1日~12月31日】 尼崎通算:集計期間【2020年1月20日まで】

大平誉史明選手

 当地を走るのは3年前の一般戦以来になる。久しぶりの出番になっても大平のようなさばきタイプに不安はない。手にしたモーターに合わせた走りができる。展示タイムが良いときはまくりで1着を取り、出足型だと逃げ、差し、まくり差しをコースに合わせて使い分ける。こういったタイプの選手は1着、2着、3着が均等に並ぶので舟券からは外せない。かつて近畿地区選で2度も優出したことのある選手だけに、SG級を相手にしてもキラリと巧技が光るときがある。4年前の当地地区選4日目に、5コースから2着に食い込んだレースでは3連単で20,670円の高配当に絡んだ。今回もきっとそんなシーンを見せてくれるに違いない。

勝率 2連率 出走数 優出 優勝
全国直近 5.96 43.7% 158 4 0
尼崎通算 6.35 47.1% 446 16 6
全国直近
3節成績
2020/1 [児島]一般 4224661321
2020/1 [三国]一般 36511461213
2019/12 [丸亀]一般 55145564135

太田和美選手

 マスターズ世代になっても攻撃的な走りをやめない。インからのレースでは確実に1着取りだが、2コースから外に回ったときの走りは圧倒的にまくりが多い。スタートがそろうG1でも太田はまくりで勝とうとする。昨年12月の三国周年では、3日目に3コースからまくって勝った。その前に桐生のSGチャレンジカップでも5日目にまくりで勝っている。まくったレースに共通することは、スタートで0台に踏み込んでいることだ。太田のコメントに「スタートが見えている」というのを見つけたら、まくりをイメージした舟券の組み立てが必要になる。反対に「スタートが不安」なら惜敗をイメージした方が良いだろう。

勝率 2連率 出走数 優出 優勝
全国直近 7.32 51.5% 130 5 2
尼崎通算 7.20 48.3% 373 10 3
全国直近
3節成績
2020/1 [徳山]G1 461225516
2020/1 [住之江]一般 3121431412
2019/12 [住之江]SG 落22454216

稲田浩二選手

 昨年9月の戸田周年でG1初優勝を飾った。94期生で優勝一番乗りしたのが稲田だ。それもデビュー4カ月ということもあり将来を期待された。「爆裂・イナダ」と恐れられた時期もあった。スタート事故さえなければもっと早くSGやG1で活躍していただろう。しかし、やっと手にしたG1優勝が大きな自信になった。11月桐生のSGチャレンジカップでは予選突破、12月住之江のSGグランプリシリーズでも予選突破した。勢いは止まらない。今年正月の地元戦は中盤から5連勝で優勝、三国はイン逃げで優勝である。地元戦では6コースからのまくり差しで1着を取っている。スタートで攻めるだけでない新生・稲田がいる。今回の地区選でも大きな仕事をしてくれるだろう。

勝率 2連率 出走数 優出 優勝
全国直近 7.32 56.3% 142 9 2
尼崎通算 6.70 52.0% 602 23 7
全国直近
3節成績
2020/1 [尼崎]一般 63112
2020/1 [尼崎]一般 26311111
2019/12 [びわこ]一般 11322111112
UP