レース展望

  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
レディース写真
  • 当地好歴の吉田、前本、片岡3強対決
当地好歴の吉田、前本、片岡3強対決
 「GⅠ四国地区選手権」は、2年連続でまるがめ・ナイター開催として実施される。
 地区選は走り慣れた地元勢が有利な大会だ。森高一真(香川)片岡雅裕(香川)が地元香川勢を引っ張る。ともに当地3年間勝率は7点台をマークと地元での実績を残している。片岡は地区選初V、森高は地区選初Vと福岡クラシック出場権獲得を狙う。
 近江翔吾(香川)石丸海渡(香川)の地元期待の若手、昨年のクイーンズクライマックスで優勝した平高奈菜(香川)、同レース優出の平山智加(香川)といった女子勢も上位進出を目指す。
 徳島勢を率いるのは「銀河系」85期コンビだ。田村隆信(徳島)は前回大会で予選敗退と悔しい結果に終わったが、当地はGⅠV3と相性は良い。興津藍(徳島)は昨年V7と勢いでは田村を上回る。前回大会準Vの山田祐也(徳島)や、当地最近3年勝率で徳島勢唯一の7点台をマークした島村隆幸(徳島)など、当地で結果を出している若手にも注目だ。
 四国地区選開催時期のまるがめ水面は、冬型の気圧配置の影響でホーム向かい風が強くなる。満潮と重なると2マークから潮が入り、風と波がぶつかって水面が荒れるため、烏野賢太(徳島)三嶌誠司(香川)ら波乗り巧者の出番が増えてくるだろう。
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
ルーキー写真