ドリーム戦出場選手
※データは全国過去1年
(2020.5.1~2021.4.27)成績
  • 初日第12Rドリーム戦
  • 2日目第12Rドリーム戦
6.82
50.36
67.75
276
14
6
今年の女子戦は8戦7優出、優勝3回と好調をキープしている。コーナー戦の切れ味にますます磨きがかかる。
6.57
46.30
70.00
270
14
2
女子戦で上位進出を外していないものの内容にやや不満が残る。中枠、外枠に回るとさばき頼りの安定志向だ。
6.93
54.69
72.40
192
7
5
1月徳山女子戦で優勝後、浜名湖男女W、唐津女子戦で連続優勝と勝負強さを発揮している。イン戦の1着率は90%。
7.18
55.29
72.16
255
14
2
レディースオールスターを終盤4連勝で優勝した。最近は序盤惜敗、終盤にモーターを仕上げ1着を並べるケースが目立つ。
6.34
45.11
67.67
266
5
1
4月多摩川女子戦で今年初優出した。シリーズで3勝したが、2勝はまくり勝ち。最近はまくりで勝つシーンが多い。
5.67
38.35
55.20
279
6
2
1月びわこ女子戦でインからトップスタートを決めて優勝した。ただ、その後はややムラな成績が目立つ。
6.86
47.83
67.59
253
10
2
地区選で2着を並べ準優出したが、レディースオールスターは予選落ち。クラシックでFとまだ本来の実力を発揮できていない。
6.17
42.81
63.70
292
9
2
4月多摩川女子戦で今年の初優出と気温が高くなってから調子を上げている。まくりは少なくコーナー勝負が多い。
6.08
44.39
62.24
196
3
0
決まり手で圧倒的にまくりが多い。4コースは2、3着が多く、3コースが強い。攻め切れないときは大敗も。
6.85
53.09
69.96
243
13
2
今年の優出は1月蒲郡のみだが、どのシリーズも中盤以降にモーターを仕上げてくる。得意のコーナー勝負に持ち込む。
5.71
31.68
58.42
202
3
0
攻めに徹した走りに好感がもてる。ただ、カドを取れないときは着を崩す傾向で、上位進出の壁がやや厚い。
6.09
41.60
62.40
250
6
0
昨年初優勝してからレース運びに安定感が出てきた。まくり一辺倒から差しにチェンジするレースも増えている。
※メンバーは変更になる可能性があります。