支部 初日 2日目 3日目 4日目 5日目 最終日 減点 合計
1位 東京 163 166 184 97 88 150 7 841
2位 福岡 166 159 153 80 63 70 0 691
3位 大阪 163 159 151 67 63 30 3 630
4560 庄司樹良々(東京)
  • 混戦制して庄司が個人優勝! 伏兵大活躍で東京が支部優勝! 
     5年目を迎える『三都市対抗戦』が梅雨明けシーズンの住之江で開幕した。今年は全3節の準々優勝戦システムで実施される。
     まずは予選3日間、大阪支部の西村拓也(大阪)に福岡支部の中辻崇人(福岡)と、両支部エース格が、思いのほか苦戦。東京が支部争いをリードし、予選トップ通過を決めたのも東京支部エース格・齊藤仁(東京)だった。
     しかし、準々優勝戦はその齊藤が敗れる波乱決着。対して西村、中辻は、準々優勝、準優勝戦と中枠で突破して巻き返した。それでも大阪、福岡の猛追は及ばず、東京が支部優勝を飾った。東京支部の得点底上げに貢献したのは乙津康志(東京)福来剛(東京)木下陽介(東京)庄司樹良々(東京)ら伏兵陣の活躍だった。そのうち福来と庄司が優出したが、中辻、西村を含めて3支部それぞれ2名ずつが優勝戦へ進出、まさに三都市が意地とプライドを懸けての対決となり、1枠を手にした庄司が、コース有利にイン逃走を決めて個人優勝を決めた。
     住之江戦は、支部争い、個人争いとリンクして、まさに三都市真っ向勝負の形となった。『三都市対抗戦』におけるこの準々優勝戦システムは意外とおもしろいぞ! 第2戦は、舞台を福岡に移して9月23日から開催される。
  支部 初日 2日目 3日目 4日目 5日目 最終日 減点 合計
1位 大阪 170 163 163 86 93 170 15 830
2位 東京 158 158 154 75 70 50 24 641
3位 福岡 164 156 171 83 59 0 30 603
4042 丸岡 正典(大阪)
  • 準々優勝戦システムで決着つけた大阪が支部優勝! 
    丸岡が貫禄の個人V!
     三都市対抗戦の第2幕が福岡で行われた。今年は支部優勝争いのポイントが準々優勝戦、準優勝戦、優勝戦まで加算されることとなったが、今回はそのシステムが生きる結果となった。
     今シリーズを引っ張ったのは、歴代SGダービー王の高橋勲(東京)丸岡正典(大阪)に、地元の西山貴浩(福岡)今井貴士(福岡)。3支部真っ向勝負の形で予選が進んだ。
     支部争いは、3日目の予選終了時点で大阪支部と福岡支部が同点。支部優勝の決着は、残り3日の勝ち上がりシステムの成績に大きく左右される形となった。
     勝負の流れを決めたのは準優勝戦。第11レースの1枠を手にした西山だが、高橋のまくり一撃に沈み、一方、第12レース1枠の丸岡はイン速攻を決めて優勝戦1枠を手にした。
     地元の2強・今井と西山がともに優出ならずと波乱の展開も、最後は優勝戦1枠・丸岡と2枠・高橋のワン・ツー決着。個人優勝は丸岡、支部優勝は大阪が飾った。
     『2017三都市対抗戦』のラストは、舞台を平和島に移して11月28日から開催される。準々優勝の勝ち上がりポイント加算システムにより、三都市バトルは再度激しくなりそうだ。
福岡支部・今井、仲谷がシリーズ2強! 
地元・東京支部が応戦!
 2017年「三都市対抗戦」最終バトルを平和島で迎える。今年の第1戦・住之江では東京支部が、第2戦・福岡では大阪支部が、支部優勝を飾っている。巻き返しに燃える福岡支部が意地を見せるかに注目だ。
 その福岡支部から、2018年前期審査期間に7点勝率をマークした今井貴士(福岡)仲谷颯仁(福岡)を2強に推す。ともにコース不問の走りが自慢で平和島水面に合うこと間違いなし。さらに、今年V3を挙げる郷原章平(福岡)も攻撃力を見せつける。
 大阪支部から新田智彰(大阪)田中和也(大阪)の自在派レーサーが参戦する。大平誉史明(大阪)と穴党注目・沖悟(大阪)のベテラン2人も平和島巧者で侮れない。
 もちろん、東京支部も地元で主役は譲れない。寺本重宣(東京)杉山貴博(東京)を2トップに、技巧派・矢後剛(東京)や復活を目指す福来剛(東京)も優勝争いに参戦だ。
 平和島は準優や優勝戦などの勝負所でも一発波乱が飛び出す水面。今年から採用された準々優勝戦システムで、支部&個人優勝争いがさらに熱くなる!
  • 当地巧者の頼れるベテランが支部&個人の平和島初Vを目指す!
     平和島開催の「三都市対抗戦」には過去4大会にフル出場している。そのうち3回は優勝戦まで駒を進めており支部優勝争いでも頼もしい存在だ。ただ、過去4回の平和島大会で大阪支部の優勝はなく、大平の孤軍奮闘だった。それに大平自身も平和島で優出14回の実績を残すが、優勝がまだない。目指すは平和島W初優勝だ!
    平和島直近2節成績
    2016.11 一般 151312224
    2016.4 一般 15144341513
    準優勝戦 優勝戦
  • A1級初昇格も決めて2、3着型返上の一撃を放つ!
     東京3場で優出歴がないのは平和島だけだ。最近3年の当地成績は、勝率5.68と決して苦手としているわけでもなさそうだが、着順が1着=9本、2着=22本、3着=20本と決定打を放てていない印象がある。それでも近況は絶好調で、2018年1月からのA1級初昇格を決めている。少し早いが地元A1ランカーの責務を負い、ここで平和島攻略だ。
    平和島直近2節成績
    2017.3 一般 1533366623
    2016.11 一般 252転4226322
    準優勝戦 優勝戦