star racer

出場予定選手

登番|選手名|支部|級別

※2020/1/20時点のデータです。

展望

女王・今井のスピード戦を地元・山崎が止める!

 男女混合戦の5日間シリーズ。注目は昨年の徳山クイーンズクライマックスで優勝した今井美亜(福井)だ。混合戦は平和島第1回ボートレースバトルトーナメントで優勝、当地開催の第2回でも優出しているスピード派。期始めのフライングによる30日間の欠場明けで事故点も気になるが、A1級復帰へ向けて着実に成績を上げていきたい。
 しかし、優勝候補となると今期優出5回、優勝3回と勢いに乗る山崎郡(大阪)だろう。今年の全大阪王将戦では優出を逃がしたものの、最近はまくり勝ちが増えているのは、モーター出しで正解が出ている証拠でもある。
 当地でG1優勝の実績を持つ吉田拡郎(岡山)も実力では負けないが、強気のスタート駆けが見られない。A2級が定位置になっている山本浩次(岡山)も知名度ほどの活躍が聞かれない近況である。
 近況の好調度を評価するなら、インとカドで1着獲りに徹する鳥飼眞(福岡)、12月浜名湖で優勝した市橋卓士(徳島)の方だろう。市橋は「抜き」での1着が急増中と安定感がある。福島勇樹(東京)石倉洋行(福岡)もスタートで勝負して上位進出を外さない。
 1月多摩川でデビュー初優勝を飾った間野兼礼(愛知)、混合戦での喜多須杏奈(徳島)には高配当を期待。喜多須はどこへ行ってもモーターが快速に仕上がる。前田はまくり差しで高配当を連発中。混合戦でもさばき負けしていない。