star racer

 

出場予定選手

登番|選手名|支部|級別

※2019/12/18時点のデータです。

展望

地力も上位の久田は当地V6! 吉田がF禍はねのけ活躍

 当地一般戦は9節連続優出中で、うち5回が優勝、しかも目下2連覇中と、地元勢も驚きの水面実績を持つのが久田敏之(群馬)。5月周年ではやや苦戦するも、地力上位のここなら巻き返しは必至。堂々の主役に。
 当地Vはまだない岡瀬正人(岡山)松下一也(静岡)も主力の一角。堅実派の代表と言える岡瀬に対し、Fを抱えても強気の姿勢を崩さぬ松下とタイプは対照的だが、ともに好調だ。
 前期F2ながらヤングダービーで大奮闘を演じた吉田裕平(愛知)も注目度は高い。F休みを経て常滑正月戦からの始動と厳しい状況は続くが、まだまだ強くなる。6期連続A1級を維持する永田秀二(東京)や、F禍で降級も反撃必至の妹尾忠幸(岡山)からも目が離せない。
 前出の久田を上回る出場中トップの勝率でA1級に復帰した春園功太(三重)が、F休み明け初戦を地元で迎える。この2年間の地元戦は9優出、2優勝と水面には自信を持つ。
 同じくA1級に復帰した白神優(岡山)も、前期は3優勝と出色の内容。期替わり後も下関で優勝するなど、完全に本格化した。A1級復帰組では伊藤啓三(埼玉)北中元樹(滋賀)も各地で活発なレースを展開中だ。