BOAR RACE とこなめ

開催schedule

トランスワードトロフィー

  • レース展望
  • 出場予定選手
  • CAMPAIGN 1
  • CAMPAIGN 2
タツノコプロ
レース展望

 7月の第2弾は19日から開催される「トランスワードトロフィー」。久しぶりの5日間開催で最終日は海の日記念の23日となる。鳴門でのSGオーシャンカップと日程が重なるため、大物の参戦はないが、好メンバーが集結し、V争いは超激戦。舟券的にも好配連発が予想され、見応えたっぷりのシリーズになりそうだ。

 飛び抜けた選手不在でV争いは横一線といっても過言ではない。モーター抽選が明暗を分けそうなシリーズ。そんな中、主役に指名したいのは抜群の安定感を誇る齊藤仁(東京)。G1戦は2Vの実績を誇り、今期適用勝率はメンバートップの6.95。当地では5月の「G3とこなめ大賞」で優出したばかりで調整面でのアドバンテージもある。さらに当地は優勝こそ2017年5月の1回だけだが、13優出を誇り、相性はいい水面。2019年6月児島以来、約1年ぶりのVへピタリと照準を合わす。
 今節、唯一のSGタイトルホルダー(2011年戸田の東日本復興支援競走)でもある重野哲之(静岡)も有力なV候補。近況は大舞台での活躍は聞かれないが、一般戦に入れば地力の違いは明らか。当地は2019年4月G1周年以来の登場となるが、V実績もあり、心配はないだろう。持ち味の迫力ある攻めで当地では約3年ぶりとなるVを狙う。G1タイトルホルダーの金子拓矢(群馬)のスタート力も侮れない。金子も当地は5月に走ったばかり。その時は優勝戦に出場し、一時は2着争いもしていたが、道中で悔しい転覆失格。今節はそのリベンジへ、さらなる気合を入れて臨んでくるはず。
 地元勢もV争いに食い込める選手がずらりと顔をそろえる。まずは北野輝季(愛知)。6月大村G1周年で痛恨のフライングを切ってしまったが、地元水面なら大きな割引材料にはならない。鋭い攻めで2010年8月のデビュー初V以来、約10年遠ざかっている地元Vへ闘志を燃やす。そして5期ぶりにA1級に復帰した伊藤誠二(愛知)、8期ぶりにA1級に復帰した西川新太郎(愛知)らも勢いに乗れば、スタートをビシビシ決めてくるだけに不気味な存在。
 他にも星栄爾(静岡)秋元哲(埼玉)柴田光(群馬)池田雄一(静岡)吉川貴仁(三重)らのA1級戦士が虎視眈々とVを狙っており、真夏の常滑水面は連日、熱いバトルでますますヒートアップする。
※データは6/17現在のものです。

CAMPAIGN1

競技情報無料アプリ SMART BOAT DATA 24をダウンロードしてプレゼントGET!!

全国24ボートレース場の競技情報がご覧いただける、予想に役立つスマートフォン対応無料アプリ「SMART BOAT DATA24」をダウンロード&ご利用いただくと抽選で賞品が当たるキャンペーンを実施! 今すぐダウンロード!

  • Echo Dot AI スピーカー
  • AMAZON fire HD 10 タブレット
  • 賞品

応募締切:2020年7月23日()

  • STEP1
    • iPhone版
    • Android版
  • STEP2
  • STEP3
    トコタン

アプリ詳細

出走表、オッズなどの基本情報はもちろん、独自データ予想「V-POWER予想」も搭載!

CAMPAIGN1

BOAT RACE 常滑 公式Twitter フォロー&RTでクオカードGET!

トランスワードトロフィー2020開催終了(2020/7/23)までにBOAT RACEとこなめ公式Twitterをフォローして、#TRWトロフィーの付いたツイートをRTしてくださった方の中から抽選プレゼントが当たるキャンペーンを実施! ぜひご参加ください。

  • クオカード30名様
  • 賞品

応募締切:2020年7月23日()

PAGETOP