ドリーム戦出場選手
※データは全国過去1年(2020.11.1~2021.10.31)
  • 初日第12Rドリーム戦
  • 2日目第12Rドリーム戦
6.67
45.49
65.63
288
8
2
桐生オールレディースの優勝でレディースチャンピオン出場権を獲得。6着大敗が少なく、近況はインと3コースで1着獲り。
6.24
44.06
63.22
261
4
2
10月桐生女子戦の準優でF、この後にF休みが控えているが、強気のコーナー勝負で上位進出は外さない。
5.71
42.56
54.36
195
8
1
前期は事故や欠場が多かったが、今期は浜名湖で3連勝、続くびわこで準優出。リズムが上がってきたか。
6.61
46.88
68.75
256
6
0
今年は当地ヴィーナスシリーズを含む優出4回も、優勝はゼロ。攻めに徹して地元レディースチャンピオン出場権獲得を狙う。
6.64
47.14
63.81
210
5
1
新期早々のFは痛いが、直後に6コースから1着獲り。F休みで桐生レディースオールスター不参加の分も奮起に期待。
5.93
43.73
60.57
279
8
1
ターンに磨きがかかり、前期はデビュー初優勝にA1級昇格、11月の多摩川レディースチャレンジカップに出場するなど充実。
6.37
44.74
64.04
228
5
0
現在、レディースチャンピオン最高V数は山川の4回だ。A1級復帰を決めた勢いで、地元大会の出場切符ゲットなるか。
6.14
43.10
59.91
232
4
0
スロー域からスタート負けがなく、A1級に復帰してきた。4カドは人気になるが意外と成績が残せていない。
5.19
34.68
50.90
222
1
0
前期は成績が振るわず、6年守ったA級から陥落した。デビュー初1着の当地で、浮上のキッカケをつかみたい。
6.21
42.48
63.73
306
8
1
期末の勝負駆けをクリアしA1級を守った。期が替わってからも11月若松で優出と好調で、地元初優勝に期待。
6.57
46.96
66.80
247
8
1
高レベルの安定感を誇るクイーンズクライマックス常連だが、今年は調子が今一つ。最後まで逆転のチャンスを狙う。
5.85
42.63
59.47
190
5
2
新勝率は初の6点台をマークも、出走回数不足で1月からはB2級に。A級復帰を目指して気合を入れ直す。
※メンバーは変更になる可能性があります。
※メンバーの枠番につきましては未定となっており、登録番号順に掲載しております。