シリーズ展望
 ボート界のトレンドは「スーパー伸び型」だ。チルト3度を使う菅章哉(徳島)が登場する。これまでのアウト屋と違って、菅はコースによってチルトを変えて対応してくる。万能派と言っても良いだろう。当地前走の2021年10月戦では、準優が4コースからチルト3度でまくり、優勝戦はチルト3度で5コースからまくり差しで優勝を飾っている。連覇への期待も大きい。
 徹底的な先行策に応戦できるのは、スピードで負けない選手か、乱戦を的確にさばく選手になる。秦英悟(大阪)が2021年のダービーで準優勝するなどSGで存在感を増す。地元水面を熟知している森高一真(香川)は、巧腕で菅の前に立ちはだかる。秋山直之(群馬)のスピードも評価したいが、スタートに疑問が残る。応戦は難しいのではないか。佐々木康幸(静岡)齊藤仁(東京)はキャリアを活かした走りで確実にポイントアップしてくる。菅と同じ支部の西野雄貴(徳島)は対戦成績で互角に持ち込んでいる。今節出場する選手の中で、平均スタートが0.13とトップの数字をマークする。対応策は心得たものだ。
 若手は中村日向(香川)に期待したい。優秀新人候補の1人として期待された選手だけあって、的確なコーナー戦を見せる。乱戦になれば出番も多い。松山将吾(滋賀)も混戦に強味を発揮するタイプで予選突破率が高い。